| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

元気のもと ~動く~

12歳のツァールト。
お店番をしているとお客さまから
「12歳にみえない」
「元気ね~」
「体が引き締まっているわね」
と嬉しい言葉をいただきます。

「毎日たくさん散歩をしているんでしょ?」
とも言われます。

散歩・・・ほとんどしていません。(^^;
仕事の日はほぼ一緒に出勤していますが、
排泄のために外に出す程度です。
お店の敷地内でフラフラ歩き、排泄が済めばおしまい。

リードをつけて近所を歩くのは
月に1~2回程度です。
(決していいことではありません)
毎日適度に歩くいわゆる“お散歩”は大切です。

ではツァールトの運動は?

160506-3.jpg

休みの日は日頃の労いも兼ねて走りに出かけます。
場所はその時のお天気と気分でいろいろ。

160506-1a.jpg

山の中を歩いたり、砂浜を走ったり、
自然を満喫して日頃のストレス(?)を発散します。

160506-5.jpg

160506-2a.jpg

10歳の時、ゼーゲンが仲間入りし、
お兄さん(父としての自覚はありません)として
弟をひっぱらなければ!と
ますます元気になりました。

3歳のゼーゲンに跳躍力やスピードでは勝てません。
でも、持久力はまだまだ互角。
「自分がやる!」
その気持ちが彼の若さの秘訣だと思います。

160506-4a.jpg

ふたりが楽しそうに走る姿に癒されつつ、
彼らに付き合って歩くことは
私のいい運動にもなっています。
一人じゃ絶対この距離は歩きません。(^^;

帰りの車内ではぐっすり眠っていますし、
その眠りが若い頃より深くなったと思います。

ツァールトが「ぼくも!」という気持ちがあるうちは
どんどん歩かせるつもりです。

気力がある=元気

人と犬に共通することなのでしょうね。
私もふたりの楽しそうな姿に癒されつつ、
一緒に歩いて健康維持ができたらと思っています。





スポンサーサイト

| 健康 | 02:45 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

ねむる

今日はず~っと雨降りでした。

お散歩もう~ん。。。なこんな日、
(雨でもお散歩に行く子もたくさんいますね)
お家の中でワンちゃんはどのように過ごしますか?

レッスンでは日頃のワンちゃんの様子を聞きます。
彼らの動きの中に困りごと(問題行動)の原因や
解決のヒントが隠されています。

『眠った姿を見たことがない』という飼い主さんが
少なくありません。

穏やかな心をつくるうえで睡眠はとても大切。
人間も同じですね。
ちょっとの音に反応したり、飼い主さんの動きに
過敏になっていたら、改善させましょう。

201504132332051b3.jpg

相棒が無防備で眠る姿、癒されますよね。
生活音を気にせず穏やかな呼吸に合わせて
上下する体を優しくなでても起きない。
当たり前にできてますか?

触れたら唸られた。。。
こんな動作は要注意です。
身近な動きを見直してみましょう。

| 健康 | 23:49 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

いざ病院へ!

今日は月曜日。
三鷹店はお休みをいただいていますし、
清瀬店もスタッフが頑張ってくれているし、
私のスケジュールはちょっと余裕があるし・・・
ということで行ってきました病院へ。

病院?となりますが、ツァールトもゼーゲンも
私もお陰さまで元気です。

今日はふたりの病院。
狂犬病の予防接種とフィラリア予防の検査と
年に一度の健康チェックです。

診察台の上では急に甘えん坊になるふたり。
最近ますます動きが似てきました。

“犬は飼い主に似る”
コレ、本当だと思います。
たくさんのワンちゃんや飼い主さんに接していて
アタリだと思います。
(この話はまた後日)

この季節、動物病院はとっても混んでいますね。
みんな予防接種やフィラリア予防などで来るんですね。

よく「うちは外に出さないし、狂犬病なんて今の日本ではないし
打たなくてもいいでしょ?」と聞かれます。

これは違うと私は思います。
確かに日本では長い間犬の狂犬病は報告されていません。
でも、恐ろしい病気から犬はもちろん、飼い主や周囲の方の
身を守るための“きまり”なのだから、法律は守るべきです。

自分の大切なワンちゃんを守ることはもちろんですが、
きちんと接種している犬ばかりであることで、
仮に発症してもそれが蔓延することを防ぎます。

健康状態に問題があるワンちゃんは獣医さんに相談すれば
先生の判断で接種をしないことも可能です。
いずれにしても、“きまり”は守りましょう。

と、ちょっと話はそれましたが、
ふたりの血液検査の結果も問題なしでした。

今年12歳になるツァールトは
「この歳で何もひっかからないのは優秀ね」と
褒めていただきました。

美味しく食べて、元気に過ごす。
ZARTの想いを体現してくれているツァールト、
今年もたくさん楽しまなきゃね!

| 健康 | 23:55 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。