2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

飼い主が決めること

予定以外の記事を書くのは久しぶりです。(^^;

日々に追われ、何かとバタバタする毎日で、
言いたいことはたくさんあるけれど、後手後手に。

今日の一杯を楽しみながら何気なくつけたTVを見ていたら、
このところずっと考えていたことに通じる言葉を
ある有名人が口にしていました。

「こうしなさいってことではないから・・・」
「人は好きにとればいい」

犬とは無関係な番組での言葉でしたが、
『そう!そう!』とうなずいてしまいました。

いつも口にしているし、触れていることではありますが、
犬のしつけって“これが正解”は1つではないと思います。

もちろん、競技会や審査会には基準がありますし、
社会で生活するうえでの暗黙の了解というか常識・ルールはあります。

ペットブームであるとはいえ、犬が大好きな人もいれば、
大嫌い!という方もいる。
大多数の方は住宅街で暮らしているのだから、周囲との調和や
住環境に合わせた配慮は必要。

でも、犬と自分の関係はその犬の飼い主が決めるべきこと、
「こうありたい」に近づくために躾ければいいと思います。
そのために自分の考えに合うトレーナーから学んだり、
溢れんばかりの情報から取り入れたいことを知識として得る、
そして愛犬との望む関係に近づければいいのです。

よく、「そんなことしたらかわいそう」や
「犬は○○だから××しておけばいいのよ」など、
頑張っている時に他人から言われることがあるようです。

その方は自分の思う正解を言っているのでしょうし、
あながち間違いではないかもしれません。

でも、自分の犬はその方と暮らすわけではないのだから、
決めるのも飼い主、そしてその犬との関係に責任を持つのも
飼い主なのです。

訓練士として飼い主さんやワンちゃんと接するとき、
私は自分が感じ取るイメージやカウンセリングの内容から
その家と飼い主、犬にとっての“正解”だろうことを
アドバイスしていきます。

会うごとに感じ取れる犬の変化や飼い主さんの話をもとに
基本軸に足し算や引き算を入れて道を作ります。

だからこそ、躾の方法は1つではないのです。
目標を定めそれにむかって一緒にやっていくことで
嬉しい変化やより楽しい生活に繋がっていくのです。

そして、どんな問題行動にも共通していえることは、
(「絶対服従」を強要する場合を除いては)
愛情と信頼関係が不可欠なのです。

様々なケースを見てきて、色々な犬達と接してきて、
これはレッスンだけではなく、トリミングのシーンでも
実感・痛感しています。

答えは1つではないけれど、私が目指す家庭犬のしつけに
“愛情”は欠かせないスパイスなのです。

次回はそのことについて書きたいと思います。
あまりご無沙汰にならないうちに。。。(^^;



スポンサーサイト

| Training | 23:43 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

2010年05月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年07月

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。