PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

いっぱい触ろう

仔犬さんのカウンセリングやレッスンが続き、
色々な子達に接しました。

私が警察犬の訓練所で見習訓練士を始めたころ、
犬の訓練は生後5~6ヶ月に始めるのがよいと
教わりました。

警察犬を目指したり、家庭犬として暮らしていても
競技会を目指した訓練をするのであれば
この時期からがいいと思います。

一般家庭で家族として暮らし、
日常生活をおくるうえで支障のないようなしつけは
どうでしょう?

『家族として迎えたらすぐに』

だと思います。

もちろん、新しい環境に慣れるまでは
ゆっくり休ませることが大切です。
1週間も経って新しいお家にも慣れ、
動きも活発になってきたらいい頃合い。

160519-2.jpg

160519-3.jpg

160519-4.jpg

こんな小さい頃から性格の違いがあります。
芯の強い子、繊細な子、
動きが活発な子、のんびりな子。

レッスンでは仔犬のキャラクターや
飼い主さんの考え方・生活環境で
接し方には違いをつくります。

また、新しい飼い主さんのもとに来るまでの
育った環境(ブリーダーさんの接し方)で
仔犬達はかなり違った動きをします。

飼い主さんの手からおくられる
仔犬へのアクションに対して
反応も様々です。

仔犬の反応に動じずに
ゆったりとした気持ちでしっかり触ってあげる、
ギューッと抱きしめてあげる。
結果、仔犬達は同じ動きに落ち着きます。

無垢な仔犬達はスッと変身しますが
年齢を重ねた子も変わります。

自分が大切にしている子に
「パス!」と
無下に断られないような
いい関係を作っていきたいものですね。

| Training | 23:28 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://zart031101.blog89.fc2.com/tb.php/277-5e9450aa

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。