PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

トリミングの魅力 その1

HUND TRAINING ZARTを立ち上げた時、
(厳密には自分でこの仕事をすると決める前から)
犬を迎えた“はじめまして”からお別れの“ありがとう”まで
犬との生活に関わることならココで大丈夫、
そんな場所にしたいと思っていました。

もちろん、私は獣医師ではないので治療はできません。
その部分は信頼できる先生にお願いするとして、
健康で過ごすためのフォローができたらと考えました。

毎日の食事、生活で必要なしつけ、キレイを保つ手入れ、
この3つを柱にしよう、この気持ちは今も変わりません。
そして、これまで接してきた子が教えてくれたことが糧となり
H.T.ZARTは少しずつ成長できていると思っています。

そんな中でこれまでちょっと不足してて、
そこを補おうと力を入れて、手ごたえを感じてきたもの、
“手入れ=トリミング”です。

私のトリミングはほぼ自己流、学校で学んだことはありません。
警察犬の訓練所に在籍していた頃は短時間に何十頭もの
シェパードを洗い、これまでも他店で断られたやんちゃ君や
病気で身動きができなくなった老犬など、様々な子と接し、
訓練士という仕事柄、保定がスムーズにできることで
それなりにはできているだろうと思っていました。

見よう見まねでやり始めたシュナウザーのペットカットも
「こうしたい」という自分の想いと試行錯誤で
時には『そのカットはどこでしているの?』と
声をかけてもらえるようにもなりました。
(ZARTをOPENするずっと前の話です。)

160525-3.jpg

数か月伸ばし続けてモコモコなムーミン。
トリミングテーブルもなく、1mm刃のバリカンと
普通のハサミ1本で自宅の床でカット。

160525-2.jpg

ツァールトが今12歳。
と、いうことはムーミンのカットをしていたのは更に昔。
今振り返ると、よくやっていたなぁ・・・と。
本当を知らないというのは怖いです。 (^^;

そんな経緯もあり、ZARTをOPENさせることになっても
3本柱の1つである手入れは
日常の手入れの仕方をアドバイスする程度で
カットはトリミングサロンと呼ばれるお店に出せば
キレイを維持できるのだろうと思っていました。

なので、清瀬に拠点を作った時も、
トリミング室はお客さまの犬をお預かりしてではなく、
レッスンの一環でシャンプーの仕方を教えたり、
私がツァールトを洗う場所程度に思っていました。

でも、お店としてOPENする前から
「カットもしてほしい」というご要望が多数。
嬉しいような、でも自分じゃ無理だし・・・
複雑な気持ちでしたが、
その部分はトリマーさんに来てもらい
やっていこうということになりました。

つづく・・・







| Trim | 21:46 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://zart031101.blog89.fc2.com/tb.php/281-ecd27e94

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。