PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

お風呂って気持ちいい

ブツブツ愚痴っていたWindows10のコト。
先日ニュースでMicrosoftの会見をやっていました。

どうやら私が間違ってアップグレードのボタンを
押したわけじゃなく、‟勝手に変わった”の表現は
アタリだったようです。

会社側の都合でのモロモロ、わからなくもないですが、
だましに近いやり方はダメですよね。。。

職種は違えど日々色々なことが起きますが、
胸を張れない仕事はしない!
ますます強く思った出来事でした。
何事も経験、そして勉強。
(・・・と、自分に言い聞かせる)  (^^;

ここで話を本題に。

このところ、新規でシニア犬のトリミング依頼や
問い合わせがとても多いです。
高齢になると手間やリスクが増えるという点で
年齢制限を設けるサロンさんが多いようです。

年を重ねるほどきれいに過ごさせてあげたいのに
なんで断るんだろうと思ったこともありました。
でも、そんなシニア犬に接する機会が増えると
「なるほど・・・」「わからなくもないな・・・」と
思えたりもするのです。

もちろん、右へ倣えで断ろうとは思いませんが、
犬達との関わり以上に飼い主さんとの相互理解がないと
難しいなぁと思います。

これまでのお店で得た間違った知識も
きちんとした説明をしつつ理解してもらったうえで
対応していきたいとより強く思うようになりました。

そのうえで、‟キレイはきもちいい”を知ることは
人にも犬にも大切なことだと思います。
キレイにカットすることももちろん大切、
でも、キレイに洗うことは更に大切だと思うのです。

160613-1.jpg
12歳ふたり、仲良く炭酸泉浴

キレイに洗うには全身をくまなく触ります。
その中で皮膚疾患や腫瘍の有無、体の変化、
色々な部分の健康チェックにつながります。

苦手な部分を避けるのではなく、
我慢する → 受け止める → 気にならなくなる
こんな過程を経てどんどん触らせてくれるようになります。

160613-2.jpg
3歳ふたりも仲良く炭酸泉浴

本当は飼い主さんが全身をチェックするのがベスト、
ちいさな変化も感じ取れることが理想だと思います。

私たちも定期的に接することで変化を感じ、
飼い主さんのフォローができるべきだと考えます。
実際、体調の変化をお伝えし、治療につながった子が
たくさんいます。

犬達も定期的にキレイにしてもらっていると
清潔であることがわかります。
ツァールトはお店番で汚れることもあり週1で洗いますが
間があくと「お風呂」とアピールします。

短い頻度でシャンプーに来る子の飼い主さんは
いつもより間があくと「気になって仕方がない」と
おっしゃるようになります。

昔は洗いすぎはよくないと言われました。
今はシャンプー剤も良質になっていますし、
皮膚疾患で受診すると週数回ペースで
シャンプーするように言われるようです。

高温多湿で皮膚のトラブルも増えるこれからの時期、
こまめなシャンプーでキレイを維持しましょう。
まんべんなく体を触り、小さな変化にも気づいて
元気な体も維持してあげましょう。

キレイを知った犬達は手入れにも協力的です。
キレイ好きが当たり前、大賛成です。








| Trim | 23:21 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://zart031101.blog89.fc2.com/tb.php/289-04da0cb7

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。