PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

相互理解って難しい

久しぶりの記事もトリミングのはなし。

最近ますますシニア犬の新規さんの
トリミングの問い合わせが増えています。
清瀬店・三鷹店ともに。

シニアになると断るお店が多いんだなぁと思いつつ、
その問い合わせに対応していると
断るお店側の気持ちにも納得したくなること多々。

ある程度年齢を重ねた子のトリミングが慎重になる理由、
それでもZARTでは基本的に断らない理由、
だからこそ飼い主さんと私たちの相互理解が必要、
それらを話すのですが、価格が重視の飼い主さん、
ご自身の犬の現状を把握していない飼い主さんがとても多い。

「たかがシャンプーでそんなに細かいの?」

たかが・・・ガックリという気持ちになります。

若い子に気を遣っていないわけではありません。
でも、施術中に緊張で呼吸が荒くなるだけでも
心臓大丈夫かな?水温高くないかな?
シニアの子はちょっとしたことでも心配です。

理想的といわれる水温、室温で施術していても
体温調節がヘタになっているシニアの子は
体調をこわすおそれがあります。

元気な子なら鼻に入り込んだ水や
耳に入った水は自力で排出できますが、
気管に入ってしまわないか、耳に残っていないか
細心の注意が必要になります。

「飽きた~」とジタバタしてじっとしていない子は
しつけていく中でいい子で対応できますが、
体力のないシニアの子はテーブルの上で
よろけて落下するような動きになるので
保定にもより気を遣います。

小さい頃から接してきて性格や健康状態を
把握している子達がシニアになるのと違い、
初対面のシニアさんは現状がどうなのか
見た目では推測することができません。

飼い主さんから大切な犬達を預かる

= イコール

飼い主さんは私たちに大切な犬達を託す

そこには相互理解が不可欠なのです。
元気だから大丈夫、そんな保証はないのです。

暑くなってきたこの時期、
温度計に頼らない、繊細な温度管理を
うるさいくらいスタッフに指示します。

季節に関係なくお預かりした子達の
状況の把握、丁寧な対応を指示します。

これまで、よそでたくさんの悲惨なシーンを見ました。
犬のプロの人たちでさえ、
ちょっとしたことで事故になっているのです。
生きているからこそ、きちんと管理していても
落ち度がなくても避けられない事態は起こりうるのです。

だからこそ、事故を間近で見た経験のない
(そんなことは経験したくないですが・・・)
スタッフには何度も何度も話しています。

大切な子をお預かりする、
お預かり中はそれほど気を遣うのです。
お返しが終わるとホッとするのです。
その日の予約の子達が全頭帰ると
張っていた気が抜けるのです。

残念ながらそれでも「たかがトリミング」
と思われる方がいるのも事実です。

相互理解って難しい。
でも、妥協はできません。

・・・と、いうことで相互理解が得られないときは
大切なワンちゃんはお預かりできません。

色々を理解して託してくださるワンちゃんは
大切に、大切に接したいと思います。
(ワガママは程度によって叱ります)

160624-1.jpg

トロ~ンとした顔で気持ちよさを表現し、
サラフワになった姿を見ると、
そんな子達を愛おしそうに触れる飼い主さんを見ると
『よかった』
と思います。

そんな暖かい空気だけが流れる場所でありたい、
と思います。




| Trim | 01:57 | comments(-) | trackbacks:0 | TOP↑

TRACKBACK URL

http://zart031101.blog89.fc2.com/tb.php/292-cb42e97a

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。